死にたがりのパラドクス

心身共に健康な死にたがり引きニートの日記(予定)

犬好きか、そうでないかは、見れば分かる

※わんこ好き過ぎて、いつもより長文(^ω^;)


わんこを以前の飼い主宅に預けてきました。

ご飯とおやつ、ケージ、ベッド、おもちゃ、リード……
三泊するし、準備は念入りに。
と思ったら、
水と餌の器を持っていくの忘れた。
出発直前まで使って、洗って……
そのまま置き去り。
現地に着いてから気づくも、
預け先はけっこう遠く、取りにも帰れず(´・ω・`)


預け先は親戚の家なので、
そのままお邪魔して一休み。
初っぱなから、
ケージの置場所は玄関で良いかな?と言われて若干焦り、
寒がりで普段はストーブにべったりの話とか、
冬毛があまりもふもふしてない話をしてみる。
それから、器を忘れた話も……。

コーヒーをご馳走になるも、
わんこには水がなくて、こちらからお願いしたり。
そこそこのドライブをしてきたのだから、
水はすぐに欲しかった……
というのは犬好きの意見なのかな。

前に飼っていたわんこを犬好きの人に預けた時は、
まず水とご飯の場所はどうするか、
次に寝る場所やトイレは、散歩は……
とあれこれ聞かれたけど、当たり前じゃなかったんだ、
とカルチャーショックみたいな?


最初に(外で番犬として)犬を飼いたいと行ったのは、
そこの息子夫婦だったけど、
犬を引き取る時期と子供が生まれる時期が重なり、
室内で飼えないからと最初の数か月(生後3~6か月くらい)は、
私の実家で面倒をみた(この時も違和感があったけど)。
それから、少し大きくなって、
引き取られて番犬になった。

ブラッシングなし、餌と水は同じ器、
餌を食べなくても食べさせる工夫もなく、
遊び盛りだったのに、あまり遊んでも貰えていない。

三才になっても人が来ると嬉ションしちゃう?
特に躾してないけど、
引き取ってからは数日で全くしなくなった。

皮膚炎が……って、親夫婦は薄々感じてたみたいだけど、
あれだけ汚れていればなるでしょ。
ケージに体を擦ったアトがあったり、
床材のすのこがカビていたの、知ってる?

餌食べないって、
私たちが引き取ってからの一年で5kg弱が6kgになったよ。
5.4kgの時は獣医さんにもっと食べさせろって言われた。

それから、狐か何かにやられた傷。
10cmくらいはあったし、血も出たと思うけど、
気づかなかったかー、そっかー……
私は引き取った初日に気づいたけどな。
不自然にハゲて、そこの皮膚が突っ張ってたもん。

息子夫婦は小さい子供が二人いて忙しいのかもしれないけど、
望んで飼ったわりに、ここまでヒドイ扱いとは知らなかった。
冬の屋外は耐えられないと動物病院で言われたから、
冬は倉庫に入れていたとか。
息子夫婦がきちんと世話をしないから仕方がなく、
親夫婦が餌をやったりしていたとか。

息子夫婦とは別居したし、
二年以上室内で飼われた子を、
氷点下20℃に放り出せないと思うけど、
親夫婦も元は「犬は外で残飯食わせとけ」な感じだったし……。

でも、メールによると今日は、
みんなに構われてぐったり寝たらしい。

頑張れ、わんこ。
なるべく早く迎えに行くからね(`・ω・´)


犬嫌いではなくても、
犬好きとは限らないんだもの。

トイレは絶対に外だし、
ビビり過ぎて、ヤられる前にヤれ!なわんこなので、
ペットホテルはもっと無理ですの( ノД`)

やる気のある予定ほど、うまくいかない

昨日のポエム風味、
白身なのでねっちょりを意識したのですが、
やり過ぎたかな……痛々しいですね。
白身よりってのが書きたかっただけですの(笑)


今日は早起きして、
午前中に映画を見に行く予定、でした。

探偵はBARにいる3です。

が、ニュース見まして?
また吹雪ですよ(´・ω・`)

しかも今朝、親戚に不幸がありまして、
明後日がお通夜です。
吹雪なので遅くしたのかな……
わんこをどこに預けるか問題等、
ちょっとバタバタしています。


頑張って早起きしたのに、
なんか思ってたのと違った。

天気が落ち着いてきたので、
今から映画行ってきます。

……ねむっ(pω-)

きみがいなくなってから僕は……

ずっと……
生まれる前から、
ずっと一緒にいた、きみ。

長い旅の途中で、多くの仲間と出会い別れても、
たくさんの人が忙しなく行き交っていても、
寒い寒い、いくつもの夜と昼とを、
僕らは片時も離れることなく、
身を寄せあって過ごしたね。

お前の代わりはいくらでもいると言われても、
日に日に友人たちが離れていっても、
きみと一緒なら、それだけで僕は幸せだった。
だから、
僕は死ぬまできみと一緒だって、
この世界からきみが居なくなる時は僕も一緒だって、
そう信じて疑うことはなかったんだ。

でも昨日、
僕は、
生まれてはじめて、
一人きりの夜を過ごした。

神さま、
僕らは何かイケナイことをした?
それとも、生まれたことが間違いだったのかな。

こんなにも心許ない夜があるなんて、
知りたくなかった。
たとえ、焼かれても潰されても、
きみの隣に在り続けたかった、
それだけなのに。

ねえ、きみは今、どこにいるの?
生まれ変わったら、また、僕と一緒にいてくれる?
きみのこと、
いつまでも待つよ……。


白身より、愛を込めて。



昨日のシュトーレンに卵黄だけ使ったので、
残った卵白さんは、
全卵一つと合わせてカツ丼になりましたとさ。

本当はロッシェにしたかったけど、
鮮度がいまいちで諦めましたの。

そのシュトーレンですが、
シナモンが入っているので私は好きじゃないです。
作ってる時も臭かった(苦笑)
でも、一応味見しまして、
けっこう甘くて、でも、スコーンっぽくもある……
シュトーレン風クイックブレッドって感じ?

シナモンさえなければ、大好きかも( ̄▽ ̄)

※事前に原料をチェックして、
シナモンの表示を確認した上で購入しております。

前半のポエム風味ですが、
ちょっとしたおふざけのつもりだったのに、
思ったより長くなってしまい……愛かな(`・ω・´)

ぶっちゃけ白身は二種類ある。
でも、そこを突っ込むと、
双子の片方が死ぬことで有名な、
あの野球漫画のイメージになるから、
白身は白身で。

因みに死ぬ方は濃厚卵白ですとか、
カラザは……とかキリがないし、
漫画も上っ面しか知りませんの。